設備別導入事例
ケース別に設備の導入方法をご紹介

新4K8K衛星放送を見るためには(1対1受信)

2018年より本格的な放送が開始される予定で、視聴するためには対応のBSアンテナ、4K対応テレビと、今後発売予定の対応受信機(チュー ナー)、 又は今後発売予定の受信機(チューナー)を搭載した4Kテレビが必要となります。

1対1受信の例

  • ※1 HDMI、HDCPのバージョン、対応状況は別途機器メーカーへお問い合わせください。
  • ※2 この場合は個別チューナとHDMIケーブルは基本的に不要となります。
  • ※3 家電メーカ各社より。
  • ※ 写真・イラストは イメージです。

BS・110度CSによる新4K8K放送を適切に受信するために
(Youtube総務省チャンネルより)

個別受信の場合

1台のテレビで新4K8K衛星放送を見たい

最低限の受信方法として、新4K8K衛星放送に対応したBS・110°CSアンテナと、4K・8Kテレビを1対1で接続する受信方法です。既存の受信設備(ブースタや分配機、テレビ端子など)を改修することなく、リビングのテレビ1台のみで視聴する場合など、手軽に導入する方法です。

関連する製品一覧

BS・110°CSアンテナ
ピシャットケーブル
TV接続ケーブル

戸建受信の場合

宅内全てのテレビで新4K8K衛星放送を見たい

ご家庭の全てのお部屋で視聴したい場合の受信方法です。地上アンテナを除き、衛星放送を伝送する全ての機器(同軸ケーブル含む)において、新4K8K衛星放送に対応する必要があります。※築年数の古い物件では、機器のみならず、同軸ケーブル自体が対応していない場合もありますので、事前の確認が必要となります。

関連する製品一覧

BS・110°CSアンテナ
混合器
ブースター
分配器
テレビ端子
分波器
TV接続ケーブル

共同受信の場合

共同受信設備のビル、
マンションで新4K8K衛星放送を見る

マンションやアパートの全世帯で視聴したい場合の受信方法です。 管理会社や管理組合にて改修等を検討する必要があります。 対応設備となっている場合は、テレビコンセントより、対応ケーブル、対応分波器等を準備し、4K8Kテレビに接続することで視聴が可能です。

関連する製品一覧

BS・110°CSアンテナ
混合器
ブースター
分岐器
分配器
テレビ端子
分波器
TV接続ケーブル

共同受信の場合、全チャンネルを受信するには 機器の交換・新設に加え、システム設計の見直しが必要です。

同軸ケーブルの減衰

同軸ケーブルでの伝送は、周波数が高くなればなるほど信号の減衰が大きくなる為、受信システム機器の新設・交換だけではなく、信号減衰量の再確認も必要です。

ブースタの増設(システムの再設計)

新4K8K衛星放送では、非常に高い周波数を用いる為、共同受信設備では特に、レベル計算等のシステムの再設計が必要となり、ブースタの増設が必要となる場合もあります。