教えて! 新4K8K
新4K8K衛星放送に関する疑問にお答えします

放送関連

新4K8K衛星放送はいつから放送されますか?

124/128°CS放送(スカパー! プレミアムサービス)による4K放送は既に始まっていますが、BS・110℃放送を用いた左旋円偏波による新4K8K衛星放送は、2018年12月の開始を予定しています。


地上放送では4K8K放送はやらないのですか?

現在、地上デジタル放送による4K8K放送サービスの具体的な計画はありません。(JEITAより)

受信機関連

既存の4Kテレビなど、受信機器は使用できますか?

新4K8K衛星放送は、現行の衛星放送と異なる放送となり、現在販売されている4K対 応テレビには、受信チューナが搭載されていないため、別途対応のチューナーが必 要となります。また受信設備については、アンテナ、ブースターなどの機器や配線 の交換が必要になることがあります。詳しくは導入方法をご覧ください。

1対1受信の例

  • ※1 HDMI、HDCPのバージョン、対応状況は別途機器メーカーへお問い合わせください。
  • ※2 この場合は個別チューナとHDMIケーブルは基本的に不要となります。
  • ※3 家電メーカ各社より。
  • ※ 写真・イラストは イメージです。

受信システム関連

新4K8K衛星放送対応BS・110°CSアンテナで従来のBS・110°CS放送を受信することはできますか?

従来のBS・110°CS放送と4K8K放送の両方を受信することができます。※スカパー!プレミアムサービスは受信できません。


新4K8K衛星放送の全てのチャンネルを受信するためには、どんな設備が必要ですか?

4K8K放送(~3224MHz)に対応した受信システム機器が必要となります。詳しくは、設備別導入方法または4K8K対応商品をご参照ください。

戸建受信の場合
共同受信の場合

マンションに住んでいますが、視聴することは出来ますか?

マンションなどの集合住宅で、全ての新4K8K衛星放送を視聴するには、対応アンテナやブースターなど受信設備を対応機器へ改修することが必要になる場合があります。詳しくは共同受信設備を管理しているマンション管理組合や管理会社にも併せてお問い合わせください。


SHマークとはなんですか?


SHマーク(スーパーハイビジョン受信マーク)とは、BS ・110°CS右左旋放送受信帯域に対応した機器のうち、一般社団法人電子情報技術産業協会で審査・登録され、一定以上の性能を有するスーパーハイビジョン衛星放送受信に適した衛星アン テナ、受信システム機器に付与されるシンボルマークで、その性能を証明するものです。 対象機器には、BS ・110°CS放送受信アンテナならびに、ブースター(増幅器)、分配器、壁面端子、混合器・分波器、直列ユニットがあります。