サン電子株式会社
ホーム 会社案内 商品ラインナップ 放送受信のノウハウ 採用情報 関連リンク
リモコンと物理チャンネル
テレビの受信レベル表示
ワンセグ放送

個別受信(強電界地域)
共同受信


受信アンテナ
BSチャンネル
スカパー!
スカパー!プレミアム
BSアンテナ調整
BS角度調整
BS/110度CS周波数表
JCSAT3/4受信角度
JCSAT3/4周波数表

C12型コネクタ加工
C15型コネクタ加工
NF型コネクタ加工
BNC型コネクタ加工
同軸ケーブルの型式
ワンセグ放送

アナログ放送に比べ、 ゴースト障害(マルチパス障害)に強く、移動中などの受信環境が著しく変化する状況下においても、安定した受信が可能な上、更に受信状況が思わしくない場所でも低画質で受信可能とする、ワンセグ(1セグメント)放送が行われています。

地上デジタル放送は1チャンネル帯(5.57MHz)をそれぞれ429kHzずつ13分割し、合計13セグメントから構成されています。その内、一番真ん中の1セグメントを利用して携帯電話等の小型モニタ向け放送が行われています。

12セグメント又は13セグメント(フルセグ) ・・・ 固定受信用、ハイビジョン放送
1セグメント(ワンセグ) ・・・ 移動体受信用、低画質放送

固定受信向け12セグメント放送に対し、ワンセグ放送の方がより障害に強い方式(変調方式)にて放送されているため、受信状況が良くない場所でも安定受信できる特徴があります。

また、固定受信用にはMPEG2が、移動体受信用にはH.264/AVCが圧縮方式として採用されています。

(C) Copyright 2000-2015 SUN Electronics CO.,LTD All Rights Reserved.