サン電子株式会社
ホーム 会社案内 商品ラインナップ 放送受信のノウハウ 採用情報 関連リンク
4K・8K衛星放送(※)対応 ブースタ 2機種発売

2016/07/26

〜業界初  3224MHz対応品 〜

4K・8K 衛星放送対応 ブースタ 2機種発売

 弊社は業界初となる、4K・8K 衛星放送※対応ブースタ、2機種を新たに発売致します。2018 年に本放送が開始される、4K・8K 衛星放送は従来の伝送周波数(〜2610MHz)より、更に高い周波数 (〜3224Mhz)で伝送される予定です。当商品はこれら4K・8K衛星放送(BS・110 度CS衛星放送の左旋円偏波)の「1000〜3224MHz」帯域を増幅致します。
※主にBS・110 度CS(左旋)放送



4K・8K 衛星放送・3224MHz対応品

2018 年にかけて本格的に開始される、4K・8K 衛星放送※は従来の伝送周波数(〜2610MHz)より更に高い周波数(3224Mhz=3.2GHz帯)で伝送予定です。当商品は、4K8K衛星放送:BS・110 度CS衛星放送の右左旋円偏波に対応する、「1000〜3224MHz」を増幅。 2018年以降に本放送が開始される4K・8K衛星放送に対応しています。
またCS・BS帯域の規格値は、JEITA CPX-5230 ホーム受信システム機器 (3.2GHz 対応)を満たしています。

※主にBS・110 度CS(左旋)放送




4K・8K 衛星放送スケジュール

4K8K衛星放送は、2014年より一部のサービスが始まっていますが、2018年にかけてBS・110度CS放送においても新たな電波・周波数を用いて、本格的に放送が開始される予定です。

 ※当リリースに記載の4K・8K衛星放送とは、主にBS・110 度CS(左旋)放送で主に予定されている4K・8K放送を指します。


4K・8K衛星放送 受信システム機器

上記の通り、2018年にかけて順次開始予定となる、4K・8K衛星放送(BS・110 度CS 左旋円偏波を用いた放送)を共同受信設備で受信する場合、基本的に全ての機器の交換・新設が必要となります。




安心・信頼の日本製

当商品は確かな技術・ノウハウを持った、弊社埼玉工場で生産された日本製品となります、安心してご利用いただけます。

 


埼玉事業所東館 

その他の機能・仕様

  • バンド切換スイッチによりUHF、CATVの切換が容易に行える為、受信方法が決まっていない場合でも事前に設置が可能です。(SMB-K30W)
  • 出力モニタ端子を1分岐出力に切り換える事が可能となり、テレビ端子などの増設に対応できます。(SMB-K30W)
  • 雨水の浸入を軽減する筐体設計を採用しています。
  • 環境に配慮したRoHS 指令対応品です。

(注意事項)

  • 4K・8K衛星放送とは、BS・110度CS(左旋)放送で主に予定されている4K・8K放送です。本器はBS・110度CS放送以外の衛星放送は受信できません。
  • 4K・8K衛星放送を受信するためには、4K・8K衛星放送の受信機が必要です。また、受信システムにおいては、本器以外のシステム機器も4K・8K衛星放送に対応する必要があります。
  • BS・110度CS放送(左旋円偏波)を利用した4K・8K衛星放送は、2018年以降に本サービスが開始される予定のため、それまでは本器を設置いただいても4K・8K衛星放送は受信できません。













サン電子株式会社ロゴ
(C) Copyright 2000-2016 SUN Electronics CO.,LTD All Rights Reserved