サン電子株式会社
ホーム 会社案内 商品ラインナップ 放送受信のノウハウ 採用情報 関連リンク
4K・8K衛星放送※1 対応
CS・BS・UHF・V-Low・FMブースタ

2017/10/03

〜 共同受信用 高出力タイプ 3224MHz対応品 〜

4K・8K衛星放送対応 CS・BS・UHF・V-Low・FMブースタ 2機種発売

 弊社は、4K・8K 衛星放送※ 1 対応のCS・BS・UHF・V-Low・FM対応の高出力ブースタとして38dB、43dB型の2機種を新たに発売致します。2018 年12月に本放送が開始される、4K・8K 衛星放送※1 は従来の伝送周波数(〜2610MHz)より、更に高い周波数 (〜3224Mhz)で伝送される予定です。 当商品は地デジ(UHF)、V-Low、ワイドFM帯域に加えて、4K・8K衛星放送(BS・110度CS衛星放送の右左旋円偏波)の「1000〜3224MHz」帯域を増幅するブースタです。既に発売を開始している33dB型ブースタ(CS・BS・UHFタイプ)に加えて、 38dB/43dBタイプを新たにラインアップすることで、大規模なアンテナ共同受信設備への対応が可能となり、幅広いシーンに対応致します。
※1 BS・110 度CS放送



4K・8K衛星放送(3224MHz)対応

UHF・V-Low・FM帯域に加えてCS・BS帯域は、BS・110 度CS衛星放送の右左旋円偏波に対応する、「1000〜3224MHz」を増幅。
2018年12月に本放送が開始される4K・8K衛星放送に対応しています。


共同受信設備に最適な高出力!

4K・8K衛星放送帯域であるBS・CS帯域は、定格出力が3224MHzにおいて113dBμ(CBUF-K43DS)、108dBμ(CBUF-K38DS)と高い出力レベルを実現。 共同受信設備にも安心してご利用いただけます。


4K・8K衛星放送(BS・110度CS)伝送周波数




高シールド設計

携帯電話やWi-Fiなど、他のサービスへの影響を軽減する高シールド設計の為、安心してご利用いただけます。


安心・信頼の日本製

当商品は、確かな技術・ノウハウを持った弊社埼玉工場で生産された日本製です。安心してご利用いただけます。

 


埼玉事業所東館 

その他の機能・仕様

  • CS・BS帯域には入力イコライザ(切換式)を搭載、入力レベルの傾斜を調整できます。※43dBタイプのみ
  • V-Low・FM帯域(76〜108MHz)の増幅に対応します。
  • UHFプリアンプ(別売)に本機から電源(DC15V 最大100mA)の供給が可能です。
  • AC100V動作だけではなく、 出力端子からDC15Vの電源重畳動作も可能です。
  • 雨水の浸入を軽減する筐体設計を採用。※38dBタイプのみ
  • 環境に配慮したRoHS 指令対応品です。

(注意事項)

  • 4K・8K衛星放送とは、BS・110度CS放送で主に予定されている4K・8K放送です。本器はBS・110度CS放送以外の衛星放送は受信できません。
  • 4K・8K衛星放送を受信するためには、4K・8K衛星放送の受信機が必要です。また、受信システムにおいては、本器以外のシステム機器も4K・8K衛星放送に対応する必要があります。
  • BS・110度CS放送を利用した4K・8K衛星放送は、2018年12月に本放送が開始される予定のため、それまでは本器を設置いただいても4K・8K衛星放送は受信できません。















サン電子株式会社ロゴ
(C) Copyright 2000-2017 SUN Electronics CO.,LTD All Rights Reserved