サン電子株式会社
ホーム 会社案内 商品ラインナップ 放送受信のノウハウ 採用情報 関連リンク

ブースタ関係

ホーム用電源分離型UHF 33dBブースタ
SBF-33D
UHF帯域の上限周波数は、710MHz(ch52)と完全デジタル化仕様となっています。

業界トップクラスの消費電力を実現、併せて低雑音化を図った高性能ブースタです。※

従来機種との比較において、容積約1/2と大幅な小型化を実現。また増幅部本体は水平・垂直マスト部の取付けが可能 となり、電源部においても据置き、壁面設置(縦・横)と多様な取り付けが可能です。

UHFプリアンプ送電機能を全機種に搭載、パイロットランプにて本体の稼動、送電有無の確認が行えます。

各帯域に独立したアッテネータ、利得調整機能を備えているため、レベル調整が容易です。

カット不要の新型防水キャップの採用、本体の接栓間隔の拡大(従来の端子間23mm→25mm)、また出力モニタ端子を新たに搭載するなど、施工性を大幅に改善しています。

DHマーク(デジタルハイビジョン受信マーク)登録品です。また環境に優しいRoHS指令対応品です。

※2014年9月現在、家庭用ブースタ(ラインブースタ、プリアンプ、卓上ブースタ除く)として。(当社調べ)

型名 SBF-33D
標準価格(税別) 12,500
周波数帯域 UHF
470〜710  (ch13〜52)
利得(dB) 32〜37
適正入力レベル(dBμ) 40〜68 (※ 88)
定格出力(dBμ) 105(9波)
利得調整範囲(dB) 0〜-10以上
入力ATT(dB) 0、-10
雑音指数(dB以下) 1.5
入出力インピーダンス(Ω) 75(F形)
VSWR(以下) 2.5
運用消費電力 1.4W (DC15V 60mA)
寸法(mm)
H×W×D
本体 92×117×52
電源部 101×77×32
質量(g) 本体 280  電源部 210
備考 UHFプリアンプ用電源SW付
出力モニタ端子付、電源部:DP-34

     ※最小利得時の値

カタログ請求フォームへ



(C) Copyright 2000-2016 SUN Electronics CO.,LTD All Rights Reserved