サン電子株式会社
ホーム 会社案内 商品ラインナップ 放送受信のノウハウ 採用情報 関連リンク

LAN配線機材・情報盤

TLCモデム(同軸LANモデム)
TLC-2000MA
TLC(TV Line Communication)とは、テレビ受信用に使用している同軸ケーブルを利用しネットワークを構築してデータ通信を行うシステムです。同軸ケーブルの配線がある場所であれば、LANケーブルの配線が困難な場所や障害物のために無線通信ができないところでも、データ通信が可能です。

TV信号(70〜2680MHz)とTLC信号(2〜28MHz)を混合する機能がついていますので、別途混合器を使用する事なく簡単にTV信号とTLC信号を混合して伝送する事ができます。

本体前面にセットアップ端子がありますので、子機の増設・登録が容易にできます。

従来品(TLC-2000M)に比べ、伝送速度がTCP通信65Mbps→70Mbps・UDP通信90Mbps→95Mbpsへアップ、また 消費電力においても、従来の4Wから3.2Wと省エネ化を実現しています。

モード切換スイッチにより、親機・子機を自由に選択することができます。

3本の木ネジにより、壁面の木板等に取付が可能です。

環境に配慮したRoHS指令対応商品です。

※本商品は親機と子機の組み合わせで使用する商品になります。単体で動作するものではありません。

型名 TLC-2000MA
標準価格(税別) オープン
使用周波数(MHz) 2〜28
通信方式 HD-PLC ※1
変調方式 Wavelet変換OFDM方式
伝送実行速度(Mbps) 70(TCP)・95(UDP)
推奨登録台数 15 ※2
最大登録台数 128 ※2 ※3
ネットワーク機器推奨接続台数 8 ※4
接続端子 75Ω F型座×3
100BASE-TX/10BASE-T LAN(PoE)端子×1 ※5
TV信号通過損失 ※6 2.5以下(70〜90MHz)
1.5以下(90〜1489MHz)
2.5以下(1489〜2680MHz)
VSWR 3.0以下(2〜28MHz) 2.5以下(70〜2680MHz)
電源 AC100V:50/60Hz
消費電力 通常時:3.2W
自動節電機能動作時(子機設定時):1.5W以下
寸法(mm) H×W×D 148×125×40
質量(g)

660

使用温度範囲(℃) 0〜+40

        ※1 パナソニック株式会社が提唱する高速電力線通信方式の名称です。

       ※2 マスタ(親機)1台に対してのターミナル(子機)登録台数

        ※3 台数登録が増えると通信速度が低下する場合があります。

        ※4 LANジャックにスイッチングハブを接続した際のネットワーク機器接続台数

        ※5 MDI/MDI-X自動検知有

        ※6 TLC信号+TV信号入力端子−TV信号出力間

カタログ請求フォームへ



(C) Copyright 2000-2016 SUN Electronics CO.,LTD All Rights Reserved