サン電子株式会社
ホーム 会社案内 商品ラインナップ 放送受信のノウハウ 採用情報 関連リンク

LAN配線機材・情報盤

【販売終了】
TLCモデム

(同軸LANモデム TV 信号混合機能付・壁面取付型)
TLC-2000M
・TLC(TV Line Communication)は、テレビ受信用に使用している同軸ケーブルを利用してネットワークを構築しデータ通信を行う同軸LAN システムです。

・同軸ケーブルの配線がある場所であれば、LAN ケーブルの配線が困難な場所や障害物のために無線通信ができないところでもデータ通信が可能です。

・実効通信速度として約65Mbps を実現。(モデム設置間の伝送損失が、約50dB 以上から徐々に通信速度が低下します。伝送損失は2〜28MHzでの損失です。

・TV 信号(70〜2610MHz)と、TLC 信号(2〜28MHz)の混合機能を搭載しています。また付属の木ネジ(3本)により、壁面の木板等に取付が可能です。

・本体表面にセットアップ端子がありますので、子機の増設、登録が容易に行えます。 またモード切換スイッチにより、親機・子機を自由に選択することができます。

※当商品は親機と子機の組み合わせで使用する商品となります。単体で動作するものではありません。

※当商品は2〜28MHz の高周波を利用する為、双方向ケーブルテレビを導入している場合など、上り帯域をカットするハイパスフィルタの設置が必要となる場合がございます。
詳細はこちら

※TLC システムは、パナソニック株式会社製のHD-PLC 技術を利用しています。
同軸LANのご提案・TLC-1500はこちら

【販売終了】

型 名 TLC-2000M
標準価格(税別) オープン
通信方式 HD-PLC ※1
周波数対応帯域(MHz) 2〜28MHz ※2
変調方式 Wavelet OFDM ※3
実効速度(Mbps) 約65(TCP)
電源電圧 AC100V 50/60HZ
消費電力 4.0W
外観寸法(mm) H148×W125×D40
質量(g) 本体660g

※1:パナソニック株式会社が提唱する高速電力線通信方式の名称です。
※2:テレビ共同受信機器の一般的な下限周波数は10MHzですが、通信を行う際の影響はほとんどありません。
※3:周波数利用効率が非常に高い直交周波数分割多重を採用し、各サブキャリアの直交化にWaveletを適用して、高効率な高速データ通信を実現したパナソニック株式会社の技術です。
カタログ請求フォームへ



(C) Copyright 2000-2016 SUN Electronics CO.,LTD All Rights Reserved