サン電子株式会社
ホーム 会社案内 商品ラインナップ 放送受信のノウハウ 採用情報 関連リンク
商品ラインアップ → TLCモデム 自動接続タイプ

2015/8/4

〜同軸ケーブルで繋ぐだけ、自動セットアップ〜

TLCモデム 自動接続タイプ 2機種発売

弊社は、現在発売中の同軸LANモデム「TLCモデムシリーズ」におきまして、 自動でセットアップを行う「自動接続タイプ」として「TLC-1600A」、 センタータイプの「TLC-2100MA」2機種を新たにラインアップ致します。
現行品TLC-1500A,TLC-2000MAは、親機・子機の設定(セットアップ)作業を 手動で行う「手動接続タイプ」となっており、機器間を同軸ケーブルで接続後 本体付属のセットアップボタンを同時に押す、設定作業が必要でしたが、 当商品は機器同士をケーブルで接続するだけで、自動でセットアップが行われ 煩わしい設定作業が不要となります。
これにより、親機・子機との設置場所が離れている場合など、設置作業の効率化が図れ、また設置後の保守(機器の交換)や、増設等にも円滑な対応が可能となるなど、施工性に優れた商品となっています。




TLCで既設の同軸ケーブルを有効活用

TLC(TV Line Communication)は既設の同軸ケーブルを利用してネットワークを構築し、データ通信を行うシステムです。 既設インフラの利用が可能となる為、新たにLANケーブルを敷設すること無く、経済的且つ、早期にネットワーク設備の 導入を実現します。



安定・高速・長距離

無線LAN等と比較し、同軸ケーブルは障害や雑音の少ない好環境となる為、安定した通信を実現します。 TLCモデム設置間の伝送損失が約50dB以下であれば、実効通信速度約70Mbps(TCP)/約95Mbps(UDP)の安定、高速の通信が可能です。 有線LAN(UTP)接続ではケーブルのみで100mまでの接続となりますが、同軸ケーブルでは中継器を利用する事無く、長距離伝送を実現します。

※1 TLCモデムを1対1で、同軸ケーブル(5C-2V)のみで接続した場合、約2000mの伝送が可能です。 テレビ受信システムの場合、分配器やTV端子等を中継する為、実際の伝送距離は異なります。




自動接続タイプ 〜簡単セットアップ〜

従来品のTLCモデム(TLC-1500A/TCL-2000MA)は、親機・子機を同軸ケーブルで接続後手動でセットアップが必要でした。
当商品は 同軸ケーブル接続後、従来の手動で行うセットアップ作業が不要となり、 自動でセットアップが行われます。
これにより機器の設置場所が離れている場合など、設置作業の効率化が図れます。 また設置後の保守、機器の増設や故障による交換など、 該当機器の交換のみで対応が可能になるなど、円滑な保守が可能となります。




子機間通信:禁止

当自動接続タイプは、
子機間の通信設定が「禁止」となっている為、
宿泊施設等における各部屋間のプライバシー確保、
セキュリティ確保をしっかりとサポートします。

主な導入推奨施設:
ホテル・旅館、工場、病院(病室)、商業施設など




通信速度の確認が容易

通信速度を簡易的に測定することができます。
子機のSPEEDボタンを約1秒押すと測定が開始され、測定結果は、子機のLED点灯(インジケータ)で確認が行えます。

※通信速度の表示はおおよその速度であり、実際の速度とは異なる場合があります。




エコ 消費電力が約1/3以下(※2)に 〜使用されないときは自動で節電〜

TLCモデムがネットワーク機器に接続されていなかったり、または接続されているネットワーク機器の電源が入っていない状態が約20分以上続いた場合、TLCモデムの子機(TERMINAL)に自動節電機能が働きます。※3

※2 TLC-1600Aにおいての数値です(通常時:2.4W/自動節電機能時:1.0W以下)。
TLC-2100MAについては消費電力が1/2以下(通常時:3.2W/自動節電機能時:1.5W以下)
※3 ネットワーク機器の電源が入っていない状態でもLANジャックに信号が流れている場合はTLCモデムの自動節電機能が働きません。




豊富なラインナップ

「TLCモデムシリーズ」は従来の手動接続タイプとなる「TLC-1500A」「TLC-2000MA」に加え、自動接続タイプとして「TLC-1600A」、「TLC-2100MA」2機種を加え、合計4機種をラインアップしております。




その他の機能・仕様

  • 付属品 TLC-1600A:ACアダプタ(1個)、木ネジ(2本)、MACアドレスシール(1枚)
        TLC-2100MA:木ネジ(2本)、MACアドレスシール(1枚)
  • TLC-2100MAは、壁面、木版等への設置が行えます。
  • 環境面に配慮した、RoHS指令対応商品です。

※本商品はマルチキャストには対応しておりません。
※本商品は親機と子機の組み合わせで使用する商品となります。単体で動作するものではありません。

※本商品は、全ての環境、組み合わせでの動作を保障するものではありません。事前に周辺環境の確認や 周辺機器との接続・組み合わせによる動作確認を行った上で、ご使用になることをお勧めいたします。



TLC-1600A・TLC-2100MA




注1:パナソニック株式会社が提唱する高速電力線通信方式の名称です。
注2:テレビ共同受信機器の一般的な下限伝送周波数は10MHzですが、通信を行う際の影響はあまりありません。
注3:周波数利用効率が非常に高い直交周波数分割多重を採用し、各サブキャリアの直交化にWavelet変換を適用して、高効率な高速データ通信を実現したパナソニック株式会社の技術です。
注4:マスタ(親機)とターミナル(子機)対向時の速度 注5:親機1台に対しての子機登録台数
注6:登録台数が増えると通信速度が低下する場合があります。


サン電子株式会社ロゴ
(C) Copyright 2000-2015 SUN Electronics CO.,LTD All Rights Reserved