サン電子株式会社
ホーム 会社案内 商品ラインナップ 放送受信のノウハウ 採用情報 関連リンク
採用情報トップ > ごあいさつ
 

ごあいさつ

 

放送維新

こんにちは、サン電子株式会社 人事部長の関です。

テレビ放送はデジタルへの完全移行と共にチャンネル数が増大し、アンテナ受信やケーブルテレビ受信に加え、光通信インフラからの受信もエリアが拡大されつつあります。
サン電子はテレビ放送受信機器と共に、通信システム機器の開発、さらには環境エネルギー事業として太陽光発電システムにも積極的に取り組み「情報通信のサン電子」として本格的な事業構築を進めております。

  取締役人事部長 関 博彰

取締役人事部長 関 博彰

 
サン電子ってこんな会社

能力と実力を公平に評価

テレビ共同受信機器を扱うメーカーは国内に9社ほどありますが、その中でも当社は若いメーカーです。研究開発室と生産工場を持ち、機器販売を行うメーカー事業と、設計施工を行なうシステム事業の三位一体体制で全国展開を行っている会社です。
営業所では20代の部門長が登場し、40代の役員も就任いたしました。社歴の浅い若い社員にもその個性と感性を生かした活躍の場を与え、実力を発揮してもらっています。

 
求める人物像:こんな人集まれ!

メーカーの醍醐味を味わってもらいたい

4K・8Kなどの超高精細放送サービスに加え、スマートテレビによるテレビとネットの連携サービス利用を可能とする新テレビ受信システムの普及に努めています。
また、UHFの53ch以上のチャンネルを通信に引き渡した後の障害対策(700MHz対策)が数年続くと予想されており、当社のフィルター技術が活かせるフィールドとなります。
さらに今後何年もかかると言われている東北圏の復興に向け、地元営業所を含め本社圏からも技術員を出向させ、東北圏にお住まいの皆様が一日も早く安定生活できるよう貢献いたします。

 

〜今後発生が予想される対策例〜
    

■地デジ難視対策とした衛星セーフティネット終了に伴う、地デジ受信移行
■ケーブルテレビ局のデジアナ変換放送終了に伴う、デジタル化対応
■4K・8Kなどのスーパーハイビジョン放送受信システムの構築
■710MHz以上の帯域で開始するLTEやITS(高度道路交通システム)に伴う受信障害対策
 →新システム稼動に伴うテレビ電波障害除去
    
メーカー社員としての専門力を持ち、政府機関や大手企業など様々なルートにも分かり易く丁寧に対応できる人間力のある人材を積極的に育成いたします。チャレンジ精神満タンな方をお待ちしております。
    
    

このページのトップへ

(C) Copyright 2000-2015 SUN Electronics CO.,LTD All Rights Reserved.